« 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー① | トップページ | 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー③ »

2007年12月22日 (土)

鹿男あをによし ロケ地予想ツアー②

最初に言っときます。
この日も会えませんでした!
まぁ、思い出日記ということで、お付き合いいただければ。。

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

鹿男あをによし ロケ地予想ツアー2日目

今日こそは、玉木君も奈良入りするハズだぁ!

と、気合を入れ、6時に起床。
(いつもと同じ時間に起きてるよ。。気合入り過ぎ?)

ホテルで朝食を取って、奈良公園めぐり!

この日は、昨日とは違うルートで回ろうってことで、
主に時計周りで。。

転害門→講堂跡→二月堂→大仏殿

転害門には、物語では、猫が寝転がってますが、こんな寒い時期では、玉木君どころか、猫1匹もいませんでした。。

転害門です。

Dsc_0040

おれ(小川先生)が歩いてくると思われる道。

Dsc_0039_5

物語は、奈良公園内が細かく描写されています。

転害門を抜けて歩いて行くと、テニスコートが見えます。
「おぉ~これが、あのテニスコートか。。」
何でもないテニスコートにちょいと感動。

そして、すぐに大仏池。
池の角を曲がると、大仏殿の鴟尾が見えてきます。

Dsc_0042

そして講堂跡。
やはりまだ撮影してません。
このルートは絶対に撮影するハズなんですよね。
物語の重要なシーンだし、描写も明確で美しいです。

講堂跡の礎石だけが、さびしく並んでました。
(ああ~テンション下がる前触れです)

二月堂は、行ったことなかったので、物語には出てこなかったけど、観光目的で行きました。
朝の早くから、この寒いのに思った以上に観光客がいて、少し驚き。
二月堂へ向かう坂道は、趣がありました。

Dsc_0046

Dsc_0048

二月堂は、高台にあるので、小さな声で奈良の町に向かって
「玉木君はどこぉ~~~」と心の中では、大きな声で叫ぶ振り。
さすがに大きな声で叫ぶ勇気はありませんでした。

Dsc_0052

三月堂で、なにやら、期間限定で何かが公開されているようでしたが、それを見ることもなく移動。。。

奈良に来たなら、大仏様は見ておかないとダメでしょーってことで、私は既に何度か拝ませていただいてますが、初めての玉友さんを誘い、大仏殿へ。
大きな大仏様を見上げ、
「そこから、玉木君は見えますでしょうか。どうか玉木君に会えますように。」と
大仏様からみたら、「そんなん知らんわ」って言われそうなお願いをしました。

そこの出店で初めてお土産購入。
鹿男ならぬ鹿キューピーです。
大仏様がキティちゃんをだっこしたのもあって、それは母に。

071220_01480001

071223_00280002

大仏殿から、南大門向いて歩いていると、やっぱり朝も早いのに観光客です。
どうやらアジア圏の方々。
子どもさんたちの服装の色のコーディネートを見ていると、日本人では無いなって分かります。
その国それぞれの色の好みってありますよね。

2人とも、最初は元気だったんですよ。
でも。。この日、お天気悪くて。。
玉木君に会えない、足痛くなってきた、雨降ってきて冷たい。。。

もうマイナス要因満載。。
だんだんテンション下がる下がる。。

そんな中で唯一私達を慰めてくれたのが、鹿さん達。
雨が上がり、太陽が出てくると日向ぼっこしてました。

Dsc_0067

いやぁ、奈良公園の鹿達は、私達を癒してくれましたねぇ。
そりゃ、鹿せんべいを持ったときは、がめつかったですけど。

かわいいやつもいたし。
見つめ合って、「玉木君知らない?」って聞くと
分かってるワケないけど、首をちょいと横に傾けて、聞いてる顔してくれる鹿もいたり。

二月堂と大仏さまに、『どうか、玉木君に会えますように』とお願いしました。

きっと会えるよね。。

とうとう疲れきった私達。
若草山と春日大社の間くらいにある水谷茶屋の前の通りで、座り込んでしまった。。
おなかも空いてくるしで、一度、近鉄奈良駅前まで戻り、ランチタイムに。。

確か東向通りにあるタイ料理のお店に入りました。
タイ料理独特のスパイシーだけど、ココナッツの甘みがある料理をいただき、身体も温まったので、もう少し、がんばるかぁ~~~

とりあえず、掲示板をチェックしようってことになり見ると、どうやらこの日は朝から京都駅で撮影とのこと。。そりゃ奈良におれへんわぁ。
いるハズなのに会えなかったワケでは無いと分かり、がっかりしたような安心したような。。

「でも、もう奈良入りしてるよね。」
「もう、『のだめ』の撮影は終わったってことだよね」
とちょいとテンション上がり、
「よし、もう一度転害門から捜索だぁ!」

実に単純な二人は、また転害門へ。。。。

でも、やっぱりいない。。

そして、講堂跡。。。

やっぱりいない。。

雨降ってきた。。

講堂跡の木の下で雨宿り。。

一気にテンション下がる私達。。。

でも、そのとき、私達を励ますかのように鹿が現れました。

多分、若い鹿です。

雨が降る中、講堂跡の広場を縦横無尽に走り回ってます。
何が楽しいのか、すごく楽しそうです。
広場の端まで走りきると、2、3回跳ねます。
「ピョンコ、ピョンコ、ピョーンコ」って感じに。。

玉友さんと2人で、「なんだか私達をなぐさめてくれてるみたいね」って。

見てると楽しくなってきて、思わずアテレコ。
「雨だよ。雨が降ってきたよぉ~~~。楽しいよぉ~~~。」
(すいません。随分疲れてたんです。。。)

そのうちに雨もマシになって来たので、南大門を抜け、大仏殿交差点へ。
ここには、人力車のおにいさん達が待機してらっしゃいます。

あまりにも何度もそこを通るからか、顔を覚えられてしまいました。
(はは。。恥ずかしいことで。。)

その後、まだ行ってない若草山に行こうってことになり、歩きはじめる。
足取りは重いんですけど。。

若草山はこの時期は閉山中です。
観光客もいず、私は、そういえば遠足で来たなぁって思いながら。

物語にも出てきますよね。若草山登山。
若草山焼き前に撮影しちゃわないと、いけないよね。
真っ黒の山になっちゃうから。。。
いつ撮るんだろ。。そのときは、入れるように許可取ってるんだろうな。。。
とか思いながら、とぼとぼ。。。

結局この日は、から振りで。。
東向通りのミスドで、「ここに来るかな」って、カフェオレでちょいと身体をあたため、早めにホテルに帰りました。

この日は、信長玉木君を見なきゃって思ってたので、元々早めにホテルに帰るつもりでしたけど。

しかぁ~~~し、その後、掲示板で飛火野で撮影してことを知り、2人とも愕然。

きっとこの写真の向こうの空の下で撮影してたのですね。

Dsc_0063

そう!前日は、たぁ~~~っぷり飛火野にいたのに、今日は疲れきってそこまで足が動かなかったんですよね。。

かぁ~なりテンション下がっちゃいましたね。
でも、奈良公園で撮影することは確かです!
「明日で最後!早起きして、朝から捜索だぁ!」
(別に玉木君は、行方不明になってるワケでもないのに。。。)

この夜は、信長の目力に圧倒されつつ、おやすみぃ~~~

・・・つづく・・・

|

« 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー① | トップページ | 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー① | トップページ | 鹿男あをによし ロケ地予想ツアー③ »