« コーヒー3杯目 | トップページ | 舞台挨拶行ってきた »

2007年11月24日 (土)

玉木君祭は一段落

今日は、寝すぎましたぁ~

さすがに疲れたみたい。

玉木君のオールナイトニッポンのこともまだ途中なんだけど、
次々といろんなイベントがやってくるので、追いつかない。。
嬉しい悲鳴なんだけどo(^-^ o )(ノ ^-^)ノワクワク

11月22日の「のだめカンタービレSP」のエキストラと
11月23日の「ミッドナイトイーグル」舞台挨拶に
行ってきました。

のだめエキストラは、一般募集のB組(17時開始)に参加。
ほんとはね!
朝8時に集合のフジテレビクラブ募集のエキストラにも行きたかった!!!

応募したのにハズレちゃったよ 。・゚・(ノД`)・゚・。

結果が19日締め切り以降にメールで連絡するってことだったので、
当たったことを考えて、前日から川崎入りしなきゃってことで
ホテルも予約してたのにぃ~~~

激しく残念でした。

だから22日は思いっきりヒマになったので、
この記事前のいくつかのような、
ヒマ潰し状態になってしまったのだ。

B組は、玉木君の撮影は、結局1時間弱しか見れなかった。。

すっごく短かったけど、生で千秋玉木を見れたことは感動したよ。

ってことで、思い出しながら書いてみる。

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪

今回、撮影が行われたのは、川崎ミューザのシンフォニーホール。
ミューザは8F建てくらいのテナントなどが入った建物と
そこに隣接してオフィスが入る高層ビルという構造です。
ホールはテナント側の4F~8F。
新しいホールで、ワインヤード式と呼ばれる構造で、
ステージを中心に、螺旋のように観客席がありました。

B組が決定した翌日くらいにスタッフから電話があり、
17時集合が17時半集合になりました・・・
とのことだったけれど、
あまぁ~りにもヒマだったので、会場に行くと並びはじめてたので列に合流。
スタッフさんに聞くと17時半集合の方も並んでますってことだった。

多分、適度にバラけてもらいたかったってことだろね。

ホールの入り口4Fで受付。
座席の地図を貰うと私は、2Cという場所。

2階席正面の右寄りでした。
撮影が始まる前、みんな記念写真を撮ってたので、私も。。

誰もいないステージ。

071122_17470001

肉眼的には、もうちょっと近く感じたかな。
こんな感じ。

071122_17480001

先に書いたように螺旋構造になっているので、
座席の足元は、ゆるい坂になってました。

最初、観客席に入ったとき、傾斜に慣れなくて、
「おっとっと。。」状態になってしまった。

席について、撮影が18時15分からと監督(?)から話があったので、
とりあえずトイレへ。。。

戻ってきたときに、斜め前にグアムで一緒にカラオケにも行ったAさんを発見!

「おぉ~~こうやって出会えるんだぁ~」とちょっと感動。
玉木君ファンであるという繋がりがあると、
こうやって会えるんだね。

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪

18時過ぎに、玉木君登場!

会場がザワつく。

玉木君、細いぃ~~~~
テレビで見てて、痩せたとは思ってたけど、
肉眼で見ると、かぁなり細い!

グアムの時は、顔はもう少し丸い感じだったけど、
フェイスラインが随分シャープになっていて、
ほっぺたが無い!
頬骨が目立った。

顔よりも、身体の線の細さの方が気になった。

NECのCM見ても、身体薄ぅ~~~って思ったけど、
スタスタ登場した腰も足も細~~~~状態だった。

「う。。そんなに大変だったのかぁ~」っと、心配。
原作の千秋よりも細いくらいだった。

でも演奏が始まると、動きもよく大胆で少し安心したけど。。。

今回の燕尾は襟元に黒糸で刺繍があるタイプだった。
(オペラグラスでガン見したら、刺繍らしきものが見えた)
髪型は、おでこが割と出ていて、目の表情がよく分かる前髪。
サイドから後ろに向けて、流していて、後ろは跳ねさせていた。
(う。。。。むサイボーグ009みたいな跳ね方って言ったら通じる?)

Rui役の女優さん(一応伏せておいてと若松Pに言われたので。。。)はフューシャピンクの身体にフィットしたドレスで登場。
さすが!モデルもやってる身体です!
背も高く、細く、スタイル抜群でした。

真澄ちゃん(小出恵介君)も登場!
もじゃもじゃに薔薇(?)の花を着けてました。
ひな壇で、くるくる回って客席に手振ってくれた。

高橋君(木村了君)、沙悟浄(橋爪遼君)登場。

昼からもずっと撮ってたと思われるシーンの撮影。

曲はラフマニノフピアノ協奏曲第3番の第1楽章と第2楽章から一部。

第1楽章は、ピアノメインで割と静かに始まり、弦楽器がゆるやかに
波が揺れるような雰囲気で始まる。
段々ピアノの音符が小刻みに激しくなっていく。

玉木君の指揮は、優雅で雄大で美しく、ピアノ演奏者とのアイコンタクトを取りながら、身体は細いのに、軸はしっかりとした立ち姿で、上半身はぶれることなく安定した雰囲気が出ていた。

速さがころころ変わる曲だけど、指揮が遅れることなく、演奏よりも早めに振れていたので、ちゃんと曲が頭に入ってるんだなぁって感動した。

第1楽章のほんの一部なので、すぐに終わっちゃった。。。

つづいて第3楽章(第2楽章ってかわいそう。。)

第3楽章は第2楽章の盛り上がりからそのまま続いて始まる。
私はこの曲の繋ぎ方が結構好き。

今回は抜粋だから、後半だけなんだけど。。。

玉木君の指揮は、曲の13分過ぎからクライマックスに向かって、より動きが大きくなる。

振り上げる両手の動きとあわせて、上半身も左斜めにしなやかで美しく動く。

じぃっと見つめる目を動かすことができないくらい、惹きこまれた。

最後、激しく刻む動きも、キビキビした動きだった。

Rui役は、ピアノの経験は無い感じだった。
でも難しいラフマニノフの曲の指位置をよく覚えていて、
私の位置からだと、指の動きは確認できていなかったけど、
雰囲気は良く伝わってきた。
髪を揺らしたり、直したり、指揮者とのアイコンタクトを取ったり。

当然なんだろうけれど、玉木君もRui役も何度か同じシーンを撮っても同じ動き。。。
すばらしいって思った。
それぞれの役になりきって、その役に流されてるワケではなく、演じてるんだな。

ただ、Ruiの演奏姿に何となく違和感があるなぁ~って思ってたら、○ちゃんねるの書き込みみて納得。

ピアノって腕から指先だけじゃ弾けないんですよ。
特にこの曲は、動きも強弱も激しいし。
背中や足のふんばりなど、全身が必要。
腕から先だけに力が入ってる感じがしたから、違和感があったのね。

もう少し、Ruiらしい自信に満ちた雰囲気で演奏して欲しかったなぁ。。
でも、オペラグラスで見たら、Ruiらしいメイクしてたから良かった。
いつもの、派手なメイクじゃなかった。

最後はおきまりの(?)「デンデケデン」
(第3番はオケの「デンデケデン」だけど)

振り切った玉木君、かっこよかった。

演奏後は、コンマスとの握手、ピアノとの握手。

この曲のセットを、カメラ位置を変えて、何度か撮影。

Ruiの手を取るところは、のだめが嫉妬をするようにってことで、
甘~い感じを出していた。
何度か撮る中で、Ruiのアップを撮るとき、玉木君は後ろ姿になるから顔が映らないからか、「ニカッ」っと歯を出して笑ってた。

そして。。。。撮影は(残念なことに)順調に進み、1時間くらいで玉木君の出番は終わってしまった。

「これで、千秋とRuiのシーンは終了です」ってアナウンスで、観客席が「えぇ~~」って感じでどよめいた。
私も、もう終わりぃ~~~~~って思ったわよ。

そういうみんなの気持ちを汲み取って、去り際に玉木君が自ら、監督(だったかな)の持つマイクを取って、挨拶してくれた。
(ありがとう!)
いつものごとく、マイク近い!!。。から低い声が余計に響く。。。

「今日で千秋に指揮のシーンは全て終了しました。」
会場から拍手ぅ~~~

「お正月明け(?)の放送を楽しみにしていてください」みたいなことを言ってた。

。。。。「明け」って言ったと思う。
。。。ってことは、何日だろ。
前半に参加した人は若松Pから、放送日を聞いたらしいのだが。。。。
いつなんやぁ~早く発表してくれぇ~~~
予定が立てられないじゃんかぁ~~~

舞台を去る玉木君の後ろ姿を目に焼き付けて。。。。
あぁ。。。行ってしまった。

その後は、観客席にいる、峰、大河内、双子など、R☆Sオケのメンバーの撮影。
私達も何度か「ブラボー」に合わせて、拍手、拍手、拍手。。。手がしびれた。

峰の頭はどうやらカツラのようでした。
まぁ、仕方ないよね。
単発物だし、大河(あ。。。こっちもカツラか)やら、他の撮影もあるだろし。

私の席からは、あまり見えなったけど、ブラボーのとき、監督から「喜びと嫉妬心もある感じで」みたいな指示があって、峰らは、千秋やRui役の代役に向かって、指をさしたり、お互い何か会話っぽい動きをしたりしていた。

○ちゃんねるの書き込みでオケの後ろ側の席から見ていた人の書き込みで、
千秋達はもういないのに、そちらの方をみながら、クライマックスに向けて涙が溢れていくのが見えたってのがあった。
すごいな。。。。役者って。。
放送がすごく楽しみだ。
峰らのその表情もバッチリ映るよね。

観客の撮影が終わると、Ruiの手元撮影。

これは、ピアニストが登場。

Ruiと同じドレスを着てた。
Rui役より背は低かったけど、キレイな人だった。

第3楽章は、いきなりフォルテッシモって感じだからか、撮るまえに腕のストレッチしてた。
モニターから聞こえるオケにあわせて演奏してたけど、弾きにくいだろうなって思ったよ。

そんなこんなで、全て終了。。。8時半にはもう出てたような気がする。
せっかく会場で再開したAさんともはぐれてしまったので、一人寂しく(^。^)ビールとピザを食べた。

もっと見たかったなぁ。。。
フジテレビクラブ、午後のを申し込めばよかったかな。
一般のA組と微妙に時間が重なってたから、止めたんだけど。。。

っと、後悔したのでした。

お正月が楽しみです。

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪

次の日は、千秋玉木から、落合玉木です。
おっと、その前にアメトーーク玉木ですね。

|

« コーヒー3杯目 | トップページ | 舞台挨拶行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーヒー3杯目 | トップページ | 舞台挨拶行ってきた »