« 最近見たDVD | トップページ | 必殺仕事人2007 »

2007年7月 8日 (日)

ダ・ヴィンチから

今号は、「いちばん近くて、いちばん遠いきみに・・・片思い文庫」が特集。

「いちばん近くて、いちばん遠い」

このセリフ。。。自分のこと思い出してしまったよ(^_^;)
すごく好きで長い間よく一緒にいた人。
でも結局、「いちばん近くて、いちばん遠い」人で終わってしまった。
このテーマで、また歌詞でも書くか。。。。。。。
泣いちゃうな、この歌はきっと。どんな曲調に仕上がったとしても(T_T)

さて。。ダ・ヴィンチにもどって。

そういうテーマの時に、玉木君がフォトセッション&インタビューとは。。。
どんな玉木君が見れるのかな。

柔らか和やか玉木君に出会えました。
表情や雰囲気に癒された。

前記事でも書いたけれど

『ダ・ヴィンチ』のインタビューでの玉木君の紹介文では、

「憂い顔が絵になる。そして、この人が恋を演じると、相手役の女優さんが抜群にいい表情を見せる」

と書かれてる。

『恋愛小説』での小西真奈美さん
エランドール賞で一緒だった『変身』で共演の蒼井優さん
『ただ、君を愛してる』の宮崎あおいさん
を思い出した。
※綾瀬はるかさん共演の『雨鱒の川』はまだ見てません。
あと、上野樹里さん共演の『のだめカンタービレ』は恋愛色薄いので、割愛。

エランドール賞で一緒だった3人(蒼井優、上野樹里、綾瀬はるか)とも共演してるんだよね。

玉木君自身、キレイ(笑)だから女優泣かせかと思いきや

女優さんを活かせる人

だよねぇ。

相手や演出によっては、うまくその効果が出ないかも知れないけど。。。
上にあげた女優さん達は、すっごい美人さんってワケではなく、それぞれ個性を持っている人たち。

玉木君は、自分のキレイさで女優さんを潰すのではなく、
相手を包む空気ごと柔らかに包み込んで、美しい存在に輝かせてる
ように思う。

映画だけでなく、テレビでも映画で表現されてるような空気感が感じられるような映像を見たいけれど、連続ドラマでは難しいような気もするな。
テレビでは、映画とは違う玉木君自身の色気が出せる方がいいかな。
(これに関しては、また別記事で・・)

さて、ダ・ヴィンチ・・・
玉木君が載らなかったら、まず買わないジャンル。
というのも、私は本をあまり読まない人。
推理物やSF物は、嵌ると寝る間も惜しんで読んだりすることもあるけれど、習慣的に読む方では無い。
特に恋愛物はほとんど読んだことが無いな。

でも、玉木君の写真が載っている短編を読んで、すごく穏やかな空気を感じて、自分の中に眠っている純愛な部分を引き出してくれそうな恋愛物を読んでみたくなった。

まだ残ってるか?純愛な心

玉木君へのインタビューは、「片思い」について。

玉木君の片思いは『一ヶ月』らしい。
インタビュアーも書いてるけど、「みじかっ!」
どこかでも「好きになったら、自分から言う」って言ってたもんな。
どうも片思いの限界が一ヶ月ということらしい。
ダメだったとしても、その後、自分自身の精神面も、その相手との対人面も、うまくやっていけるんだろうね。
そこは、モテる男だろうから、多くの経験がそうさせてるんだろうな。

「僕は追いかけたい、追ってないとダメなほう。ちょっとだけ手が届かない存在にひかれるんじゃないかな」
だそうです。
玉木君が追いかけたくなる女性ってどんな人なのかな。
以前、自分より立場が上になる人はイヤみたいなことをどこかで読んだような気がするけれど、「追いかけたい」って玉木君に思わせるってことは、何かそれなりの魅力があるってことだよね。
「美人」とか「かわいい」とかってだけでは、そうならないように思う。
追いかけて、追いついてしまったら、どうなるんだろ。
手が届いてしまったら、どうなるんだろ。

そういえば。。

以前、おしゃれイズムで「告白されて付き合うと、相手の方が上になるような気がする」というようなことを言ってた。
(この話と上で書いた『立場が上』って話とゴッチャになってるかな)
でも私は、反対だと思う。
告白した側は、玉木君のことが好きで仕方ないんだから、どっちかって言うと玉木君の言うことをよくきくことになるので、玉木君側の方が上になると思うのだが。。。
単に、自分の方が好きでないとダメってことなのかな。
「婦人画報」で『完全に愛したい』って書いてあったくらいだから。

「昔は何考えてるかわからないような、生活感の見えない人が好きだったりしました」
とも書いてる。
今は、しっかりした現実的な考えをもった女性がそばにいるって言うことだろうか。
だって、片思いでひかれる相手が「生活感丸出し」っての、あまり考えられないよね。

インタビューテーマが「片思い」だから、「片思い」の時期の楽しさだけが書かれていて、その後が無いので、まるで恋愛成就したらもう楽しくないのかよぉ~って思われてしまうような雰囲気もあるけど、その後の恋についても是非語っていただきたいな。

|

« 最近見たDVD | トップページ | 必殺仕事人2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9621/15687382

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチから:

« 最近見たDVD | トップページ | 必殺仕事人2007 »