« 三色玉木君 | トップページ | ダ・ヴィンチから »

2007年7月 8日 (日)

最近見たDVD

風邪ひいて、ぶっ倒れて休んでいる間に、ちょっと楽になってくると玉木君ものが見たくなったので、買ったもののずっと置いてあった『群青の夜の羽毛布』を見ました。

あ。。。見てない人で、内容知りたくない人は、読まないでね。

正直言って、最後まで見るのが苦痛だった。。。

『本上まなみが大胆なラブ・シーンに挑戦』とかって書いてあるワケですが、もう少しキレイに撮ってあげて欲しかった。
精神的な病気を持ってるのだから、暗いのは分かるのだけれど、玉木君が一目惚れするくらいなんだから、もう少しキレイに。。。ちょっと表情が暗すぎた。
本当に映画全体が群青色で、その中に玉木君が唯一明るい色を灯してるような存在でした。
本上まなみさんが主演で、玉木君は2番手なんだから、仕方ないのかも知れないけれど、藤真利子さんとそうなってしまった経緯の描き方が適当で、違和感たっぷりだった。
もう少し、藤さんがうまく誘いをかける雰囲気が出ていたら流れに納得したけれど。

「ぎゃーなんでそうなるのぉ~~~」って思ってしまった。

『ダ・ヴィンチ』のインタビューでの紹介文では、
「憂い顔が絵になる。そして、この人が恋を演じると、相手役の女優さんが抜群にいい表情を見せる」
と書かれています。
なのに、『群青~』では、それが生かされていない。。。

『恋愛小説』での小西真奈美さん
エランドール賞で一緒だった『変身』で共演の蒼井優さん
『ただ、君を愛してる』の宮崎あおいさん
は、すごくよかった。
※綾瀬はるかさん共演の『雨鱒の川』はまだ見てません。
あと、上野樹里さん共演の『のだめカンタービレ』は恋愛物では無いので、割愛。

エランドール賞で一緒だった3人(蒼井優、上野樹里、綾瀬はるか)とも共演してるんだよね。
玉木君自身、キレイ(笑)だから、女優泣かせかと思いきや、女優さんを活かせる人だよねぇ。
映画だけでなく、テレビでも映画で表現されてるような空気感が感じられるような映像を見たいな。

さて。。『群青~』ですが。

ガチガチ厳しい母親に育てられたために、適応障害に本上さんがなってるワケです。
家事手伝いで、毎日のようにスーパーにお買い物にくる本上さん。
スーパーでバイトする玉木君が片思い。
スーパー内で本上さんが貧血で倒れちゃって、玉木君がおうちに送ることから、急接近。
純情そうな本上さんなんだけど、適応障害で精神が不安定になると、Hしたくなる(?)のか、初デートでラブホ。
マジメそうで、虚弱体質なのに、Hでは大胆。。。。そういうところに玉木君が惹かれて行くように見えました。
それは、いいんですよ。。
で。。。
その本上さんを救いたいのに、藤さんとああいうことに。。。
う~む。
本上さんが、お母さん(藤さん)に初めて抵抗してキレるところに繋げたかったのだろうけれど、それなら、藤さんの生真面目なのに、実はHしたくてたまらない、玉木君を誘うまでのイヤラシサを自然な流れにして欲しかった。

最後、本上さんは、おそらく精神的にも解放されてるんだと思うけれど、もう少し柔らかな空気感で終わって欲しかった。

あぁ~~~しかし。。。。空気の重たい映画だった。。。
病気の時に見るもんじゃ無いです。。。

|

« 三色玉木君 | トップページ | ダ・ヴィンチから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9621/15687265

この記事へのトラックバック一覧です: 最近見たDVD:

« 三色玉木君 | トップページ | ダ・ヴィンチから »